事業所紹介

株式会社アステックス九州

負荷試験を広めることで、安全面の徹底だけでなく障がい者の雇用率向上につなげています。

業務を細分化し、役割分担の明確化を図り、就労移行支援で障がい別に専門のカリキュラムを確立し受講することで通常の業務と変わらない仕事量を維持しています。独自の負荷試験技能免許を取得し就労継続支援A型事業所で現場スキルを身に付け、障がい者が安定した生活と年収240万円以上を得ることを目指し運営しています。

「負荷試験」とは?

日本では毎年のように多くの自然災害が発生しています。しかし東日本大震災では3割近くの非常用発電機が本来の稼働ができておらず、また熊本震災でも同じことが繰り返されました。非常用発電機は年1回定期点検として負荷試験を実施することが定められていますが、実施事業者が少ないことから特に西日本エリアでの実施件数は少ない状況です。

緊急時のライフラインを守ることは必須であり、実現への近道として、今まで見過ごされてきた防災の要となる非常用発電設備の「性能検証」が行える唯一の手段「負荷試験」を普及促進させる事業を提供しています。対象施設は介護施設や商業施設、宿泊施設、オフィスビルなどです。

基本情報

株式会社アステックス九州
事業所名
株式会社アステックス九州
詳しい情報はオフィシャルページでご覧いただけます。
所在地
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2丁目17-25博多クリエートビル5F
電話番号
092-292-8889
FAX番号
092-473-6232
問い合わせ時間
9:30~18:30

スタッフ紹介

株式会社アステックス九州 藤野収吾

入社のきっかけはなんですか?

前職は、生活介護と就労継続支援B型の事業を行っている作業所に支援員として勤務していましたが、将来は障がいを持つ実弟と飲食店の事業所を運営していきたいという夢があり、事業所の運営に大きく関わる営業職として社会福祉支援協会に入社しました。

担当業務は何ですか?また、その業務の醍醐味や魅力は何ですか?

29年10月より、社会福祉支援協会のグループ会社「アステックス九州」に勤務しています。法令で定められてます、年一回の非常用電源の負荷試験業務に関わる仕事を担っています。現在は主に、負荷試験に使用する「負荷装置」の点検作業、現地調査、負荷試験作業に関わる搬入搬出などのサポート、装置の分解と組み立てをおこなっています。現在のスタッフは私を含めて4人ですが、これから多くの障がい者の一般就労の受け皿になる会社ですので、新しく入社してくるスタッフのために技術を磨いていきたいと考えています。

会社のどんなところが好きで、共感していますか?

障がい者雇用に力を入れているところです。ただ単に雇用するのではなく、入社して力をつけていけば契約社員や正社員雇用につながるシステムがこの会社にはあります。